金沢で伝統文化や歴史を存分に感じる街歩きスポットをご紹介

金沢は日本海沿岸の有名な観光地で、歴史的にも文化的にも独特な魅力のある街です。

金沢市は石川県にあり、数年前までは金沢に到着するのにかなりの時間がかかりましたが、それでも街は人気がありました。しかし、東京と金沢を直通列車で2時間28分で結ぶ新幹線の北陸線が発足したおかげで、観光都市として大きく変化しました。今では訪日外国人も多く観光しています。

兼六園で日本庭園の美を感じる

兼六園は、日本で最も美しい3大庭園の1つで、多くの人がその中でも最高の庭園と考えています。広々とした庭園は、かつて金田城の前庭でした。2世紀にわたって建てられ、1871年まで一般に公開されていませんでした。兼六園には、たくさんの池や小川、滝、橋、茶屋、木々、さまざまな花があります。多くの滝、小川、池の水は、1632年に構築された用水路により庭から離れた川から引き継がれています。
兼六園という名前は文字通り「六つを備えている庭」を意味し、宋の時代の書物『 洛陽名園記』の中の「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」という相反する6つの景勝を備えていることがきっかけです。
アクセス方法は金沢駅からバスで約20分かかります。金沢駅(東口、3番の停留所)から北鉄バスで15分で200円かかります。兼六園の入り口から歩いてすぐの兼六園バス停で下車します。一方、外国人観光客向けには金沢駅(東口、4番バス停)からJRバス(1時間に2?3本)があり、ジャパンレールパスの対象となっています。

現代アートと独特な建築に触れる

金沢二十一世紀美術館は、兼六園の隣にある金沢の中心部に2004年にオープンしました。ここでは、日本および世界中の現代アーティストの作品を見ることができます。日本で最も人気のある美術館の一つと言われています。
この建物は独創的で、金沢周辺の他の博物館や建物とは一線を画しています。設計は世界的に有名な建築デザイナーユニットSANAA(妹島和世+西沢立衛)によるもので、美術ファンのみならず多くの建築ファンが見学に訪れる独特な建築です。建物は、全方向にガラス張りで直径112.5メートルの円形で構成され、正面玄関も正面玄関もありません。子供と大人が参加できるインタラクティブな展示がたくさんあります。
地下の展示ルート内に天井がガラスでその上に水が貼られているプールの底のような場所があり、そのプールは地上の中庭から覗けるようになっています。中庭は無料のエリアなので、美術館に入らない人や近所の公園として遊びに来ている親子連れなども楽しんで賑わっています。

芸者と武士の古代金沢を味わう

現在、金沢には、東茶屋、西茶屋街、一江町という、保存状態の良い3つの芸者地区があります
高級茶屋は、舞踊、歌、パフォーマンスで芸者がお客様を楽しませた場所です。
江戸時代、これらの茶屋は通常都市の郊外にありました。上記の3つの地区のうち、東茶屋の地区は最も大きく保存状態もよく、この街が最もおすすめです。現在のこの近辺の建物の多くはカフェやお店ですので、気軽に歩き回ることができます。乗り物など乗車中に芸者に出会うこともできるかもしれません。
もっと時間があれば、忍者寺と呼ばれる妙立寺や西茶屋街への訪問も価値があります。
また、長町地区はかつての武士地区で、古くに復元された武家屋敷「野村家」は現在博物館として家族の宝や鎧が展示され、武士が主役だった時代にそこに住んでいた人々の生活を示しています。美しい庭園と建築様式は当時らしさを強調しています。1階には、必要に応じて茶道に参加できる茶室があります。入場料は約550円です。

金沢を体験しに行こう

第二次世界大戦中、金沢は日本で2番目に大きな都市(京都に次ぐ)であり、産業よりも職人文化を重んじてきた特性から無事に空襲から抜け出すことができました。このおかげで、旧市街の城の一部である長町の武士地区と茶屋の芸者地区は、非常に良好な状態で生き残っています。市内には、古い家屋や修復された地域、近代的な美術館など、多くの歴史的名所があります。
一方現在、北陸の重要な観光都市として進化も続けています。
もし体力に自信があるなら、街の観光はぜひレンタサイクルを利用しましょう。電車やバスの時間を気にすることなく、駅やバス停を探す必要もなく自由な旅を満喫できます。
天気が悪かったり疲れていたら、もしくは地図を読むのが苦手な方は、城下まち金沢周遊バスがおすすめです。毎時15分おきに上記のような主要スポットを巡回していて、1日フリー乗車券(500円)を買えば効率よく観光地を巡ることができます。

PR【石川(金沢)メンズ脱毛なら安い料金で上口ヒゲ・アゴ・アゴ下まで髭脱毛を堪能できる