金沢で伝統文化や歴史を存分に感じる街歩きスポットをご紹介

金沢は日本海沿岸の有名な観光地で、歴史的にも文化的にも独特な魅力のある街です。

金沢市は石川県にあり、数年前までは金沢に到着するのにかなりの時間がかかりましたが、それでも街は人気がありました。しかし、東京と金沢を直通列車で2時間28分で結ぶ新幹線の北陸線が発足したおかげで、観光都市として大きく変化しました。今では訪日外国人も多く観光しています。

兼六園で日本庭園の美を感じる

兼六園は、日本で最も美しい3大庭園の1つで、多くの人がその中でも最高の庭園と考えています。広々とした庭園は、かつて金田城の前庭でした。2世紀にわたって建てられ、1871年まで一般に公開されていませんでした。兼六園には、たくさんの池や小川、滝、橋、茶屋、木々、さまざまな花があります。多くの滝、小川、池の水は、1632年に構築された用水路により庭から離れた川から引き継がれています。
兼六園という名前は文字通り「六つを備えている庭」を意味し、宋の時代の書物『 洛陽名園記』の中の「宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望」という相反する6つの景勝を備えていることがきっかけです。
アクセス方法は金沢駅からバスで約20分かかります。金沢駅(東口、3番の停留所)から北鉄バスで15分で200円かかります。兼六園の入り口から歩いてすぐの兼六園バス停で下車します。一方、外国人観光客向けには金沢駅(東口、4番バス停)からJRバス(1時間に2?3本)があり、ジャパンレールパスの対象となっています。

現代アートと独特な建築に触れる

金沢二十一世紀美術館は、兼六園の隣にある金沢の中心部に2004年にオープンしました。ここでは、日本および世界中の現代アーティストの作品を見ることができます。日本で最も人気のある美術館の一つと言われています。
この建物は独創的で、金沢周辺の他の博物館や建物とは一線を画しています。設計は世界的に有名な建築デザイナーユニットSANAA(妹島和世+西沢立衛)によるもので、美術ファンのみならず多くの建築ファンが見学に訪れる独特な建築です。建物は、全方向にガラス張りで直径112.5メートルの円形で構成され、正面玄関も正面玄関もありません。子供と大人が参加できるインタラクティブな展示がたくさんあります。
地下の展示ルート内に天井がガラスでその上に水が貼られているプールの底のような場所があり、そのプールは地上の中庭から覗けるようになっています。中庭は無料のエリアなので、美術館に入らない人や近所の公園として遊びに来ている親子連れなども楽しんで賑わっています。

芸者と武士の古代金沢を味わう

現在、金沢には、東茶屋、西茶屋街、一江町という、保存状態の良い3つの芸者地区があります
高級茶屋は、舞踊、歌、パフォーマンスで芸者がお客様を楽しませた場所です。
江戸時代、これらの茶屋は通常都市の郊外にありました。上記の3つの地区のうち、東茶屋の地区は最も大きく保存状態もよく、この街が最もおすすめです。現在のこの近辺の建物の多くはカフェやお店ですので、気軽に歩き回ることができます。乗り物など乗車中に芸者に出会うこともできるかもしれません。
もっと時間があれば、忍者寺と呼ばれる妙立寺や西茶屋街への訪問も価値があります。
また、長町地区はかつての武士地区で、古くに復元された武家屋敷「野村家」は現在博物館として家族の宝や鎧が展示され、武士が主役だった時代にそこに住んでいた人々の生活を示しています。美しい庭園と建築様式は当時らしさを強調しています。1階には、必要に応じて茶道に参加できる茶室があります。入場料は約550円です。

金沢を体験しに行こう

第二次世界大戦中、金沢は日本で2番目に大きな都市(京都に次ぐ)であり、産業よりも職人文化を重んじてきた特性から無事に空襲から抜け出すことができました。このおかげで、旧市街の城の一部である長町の武士地区と茶屋の芸者地区は、非常に良好な状態で生き残っています。市内には、古い家屋や修復された地域、近代的な美術館など、多くの歴史的名所があります。
一方現在、北陸の重要な観光都市として進化も続けています。
もし体力に自信があるなら、街の観光はぜひレンタサイクルを利用しましょう。電車やバスの時間を気にすることなく、駅やバス停を探す必要もなく自由な旅を満喫できます。
天気が悪かったり疲れていたら、もしくは地図を読むのが苦手な方は、城下まち金沢周遊バスがおすすめです。毎時15分おきに上記のような主要スポットを巡回していて、1日フリー乗車券(500円)を買えば効率よく観光地を巡ることができます。

PR【石川(金沢)メンズ脱毛なら安い料金で上口ヒゲ・アゴ・アゴ下まで髭脱毛を堪能できる

金沢のおしゃれでくつろげるカフェ!穴場スポットでリラックス!

北陸新幹線が開通してからアクセスが良くなり、金沢の人気が急上昇中です。
金沢は歴史的な観光名所も多いですし、日本文化を肌で感じられる場所ですね。
古き時代の風情が残る町並みもありますし、金沢城や兼六園などの超有名な観光スポットもありますね。
そんな和の良さを味わいながら観光しつつ、素敵なカフェでひと休みしてみませんか?
おいしいコーヒーやスイーツが、観光の疲れを癒してくれますね。
隠れ家的な穴場のカフェをメインに、知る人ぞ知る金沢のカフェを紹介しましょう。

アットホームな雰囲気のGOOD 4 LIFE 36 CAFE

金沢の駅西にあるまさに隠れ家的なコーヒースタンドで、アットホームな雰囲気が魅力ですね。
席はたったの4席しかなくこじんまりとしていますが、気さくで笑顔の素敵なマスターが出迎えてくれます。
マスターとの距離が近いですから、おしゃべりも弾みますね。
スイーツやコーヒーもおいしいですが、びっくりするほど美しいのがラテアートです。
マスターはラテアートの全国大会にも出ていて、実力のある素晴らしいラテアーティストです。
飲むのがもったいなくなるくらい美しくて繊細で、思わず写真を撮ってしまいたくなりますね。
ちなみに、テイクアウトできますから、お店で飲んでる暇がない人でも大丈夫ですね。
店内にはたくさんのけん玉が飾られていて、これもマスターの趣味です。
けん玉しながらコーヒーが飲めますから、好きな人にはたまらないですね。
他にお客さんがいなくて暇なら、頼めばマスターがけん玉のスゴ腕を披露してくれます。

オーシャンビューが楽しめるカフェドレヴェリー

カフェドレヴェリーは金沢のオーシャンビューを、独り占めできてしまうカフェです。
外から見るともろ倉庫なんでが、中はとってもおしゃれです。
元々は倉庫で、リノベーションしてカフェにしていて、天井も高いですからゆったりとくつろげますね。
お店のどの席からでも海が見えるような作りになっていて、店内の雰囲気もかわいらしくて女性好みです。
白い壁に落ち着ける木のテーブルと椅子が並んでいて、雑貨などがかわいらしく飾られています。
人気メニューのワッフルは時間が遅くなると、品切れになってしまうほどの人気です。
また、日によってメニューが違う場合もある自家製ケーキも、素材の味が生かされていてとてもおいしいと評判です。
ちょっと珍しいハーブティーが飲めたり、コーヒーの味も本格的です。
海を見ながらのんびりとお茶することができて、ほっと一息付けますね。
ちなみに営業時間は11時から日没までで、閉店時間が日没に合わせてあるのもおしゃれですね。

コーヒーを飲みながら謎解き!ミステリーカフェ 謎屋珈琲店

コーヒーを飲みながら謎解きができてしまうミステリーカフェ 謎屋珈琲店は、落ち着いた雰囲気のお店です。
ミステリーとコーヒーを上手くマッチさせていて、コーヒー好きとミステリーファンの両方をうならせるお店ですね。
メニューはミステリーにちなんだ名前が付けられていて、ミステリー好きならつい頼んでみたくなってしまいます。
謎解きは特定のメニュープラスドリンクで謎解きできる「挑戦クイズ」と、ドリンクオーダーで謎解きを楽しめる「リドルカフェ」の2種類あります。
謎解きには難易度が設定されていて、自分で選ぶことができます。
頭を回転させてじっくりと謎に取り組みながら、コーヒーやスイーツを楽しめるのが魅力ですね。
コーヒーにもこだわりがあり、豆は全て自家焙煎です。
新鮮な豆で香りが引き立つ、おいしいコーヒーが飲めてしまいます。
注文してから丁寧に1杯ずつ作ってくれますから、コーヒー通の人も満足できますね。

金沢で歴史の名所を観光しながらカフェでひと休み

金沢は歴史的な名所がありすぎますし、自然を感じられるスポットも多いですね。
欲張ってあちこちの観光スポットを回っていると、やはり疲れてしまいます。
そんな時には、おしゃれでくつろげるカフェに行ってみましょう。
紹介したカフェはどこも穴場で、隠れ家的なところをピックアップしています。
コーヒーや紅茶などの飲み物がおいしいですし、スイーツで体も心も満たされますね。
1人でもふらっと立ち寄りやすい雰囲気のいいお店ばかりですから、観光の合間に立ち寄ってください。
おいしいコーヒーやスイーツでひと休みして、金沢の良さに改めて触れてみましょう。

PR【石川県金沢市の転職情報!金沢のオススメ求人情報をピックアップ!

金沢に来たら和を感じながら街の中を探索して満喫しよう

金沢は、近年「行きたい旅行先ベスト5」に選ばれる事が多い街です。北陸新幹線が開通して、関東方面からも行きやすくなりました。金沢駅を降りれば、独特の雰囲気を感じワクワクする旅の始まりです。観光はもちろん、「ショッピング」から「食事」「遊び」なども体感できるスポットが多く存在します。今回紹介するのは、金沢でも特に人気がある場所なので1度は行って欲しいです。

金沢に来たら、ひがし茶屋街で小京都を体感しよう②

観光として金沢に行くなら、絶対外せない人気スポットとして「ひがし茶屋街」があります。風情ある建物が並ぶ街並みは、まさしく小京都にふさわしい景観です。他府県から目当てに訪れる人も多く、足を運べば江戸時代にタイムスリップした感じです。城下町として発展してきた金沢において、ひがし茶屋街は街の代表的な名所になります。重要伝統的建造物群保存地区として、他府県はもちろん外国人の姿も多く見られます。

「エンジ色した町屋」「石畳」「黒い瓦屋根」は、旅をしている実感が体感できるはずです。また、町屋には、飲食店やお土産屋が入っていて休憩を楽しむ事もできます。「和」をモチーフにした店内は、落ち着き軽食などを頂くと良いです。オススメは、やはり甘味処になり小豆を使った食べ物になります。提供する飲食店は、地元の小豆を使用するなど金沢をアピールするほどです。ぜんざい、みつ豆、抹茶パフェなど、女性が喜ぶメニューが並びます。口に入れれば、甘い味が広がり旅行気分を味わえるはずです。

金沢と言えば、「兼六園」になりデートにオススメです②

金沢へカップルで訪れる人も多く、安らぐエリアとして好評です。デートスポットとしては、やはり「兼六園」が人気が高くなります。日本3大名園として他府県にも知られるなど、金沢を代表する名所です。兼六園は、大きな日本庭園が広がる場所でノンビリゆったりできるのが魅力です。美しい「花木」「池」「自然」は、歩くだけで気分が晴れる感じになります。金沢でカップルで行きたいスポットとして、カメラ撮影ポイントも多くあります。

四季折々の自然は、季節ごとに景観が変わり訪れる人を飽きさせません。朝には、小鳥のさえずるなき声が聞こえるなど、バードウオッチングを楽しむ事もできます。また、夜になると、昼間とは異なる兼六園の顔が見られます。期間限定でライトアップされて、大人のムードが体感できます。幻想的な景観は、見ると心を落ち着かせて癒されるはずです。デートに訪れると良く、夜景スポットとして足を運ぶカップルも多くいます。クリスマスから正月は、兼六園が賑やかになる期間です。

金沢には、男性が遊べる風俗店が集まるエリアもある②

金沢は、冬は寒く雪も多いためネオンも早く消える街になります。そんな金沢にも、大人の遊び場として歓楽街もあり観光客も利用するほどです。風俗店が集まるエリアは、「片町」「香林坊」になります。店舗数は、約70ぐらいになりジャンルもいくつかあるようです。「ソープランド」「デリヘル」「性感マッサージ」など、東京の風俗店に比べると料金は安いと感じます。風俗の王様と言われるソープランドは、少なく金沢で1番多いのがデリヘル店になります。

店舗型と派遣型に分かれ、金沢は派遣型デリヘルが多いです。料金の相場は、「60分14,000円前後」が多く満足できる風俗を体感できます。女性の種類も幅が広く、20代から60代、ギャル風、モデル風、OL風、人妻、熟女などが存在します。中でも近年は、「熟女や人妻」と遊びたい若者も増えて金沢に足を運ぶケースもあるようです。デリヘルの利用法は、至って簡単で店のホームページや電話をして依頼するだけです。旅行から仕事の出張でデリヘルで遊ぶ事もオススメで、金沢の女性を体感してみませんか。

金沢は、いろんな顔がある観光地として日々進化中です②

北陸の金沢は、冬になるとカニ料理を出す旅館が増えます。宿泊して街を観光すれば、カニも美味しく感じるはずです。名所巡り、美味しい飲食店、デートに利用など、金沢には魅力が深いスポットが多くあります。関東はもちろん、関西、九州からもツアーなどを利用すれば、意外と距離は遠く感じません。定番エリアはもちろん、穴場的なスポットもあり探索するのも良いです。また、ご当地の名産品、お土産品も個性があり購入をオススメできます。連休を利用して、ぜひ金沢へ遊びに行きましょう。

石川(金沢)で包茎治療ほうけい手術の名医がいる麻酔方法で人気オススメ病院

金沢に訪れたら必ず行きたいおいしい海鮮料理が食べられるお店5選

加賀百万石とも言われた加賀藩の中心都市であった金沢は江戸時代に繁栄した文化が根付いており、その頃に建てられた建物が残った地区も見受けられます。また、金沢は周辺地域のさまざまな食材が集まる地域で、特に日本海で獲れたおいしい海産物が集まり、おいしい海鮮丼が売ってるお店やお寿司を販売しているお店などあります。今回は、金沢へ足を運んだ時にぜひとも訪れたい海鮮料理のお店を紹介していきます。

金沢でおすすめの海鮮料理店①もりもり寿司

もりもり寿司金沢市内を中心に展開している回転寿司チェーンで、石川県内で圧倒的な人気があります。もりもり寿司では北陸で水揚げされた海産物を寿司ネタに使っており、新鮮でおいしいお寿司を気軽に食べられます。さまざまある寿司ネタの中でも特におすすめなのがのどぐろと北陸えび三点盛2種類です。北陸周辺ではのどぐろが良く水揚げされており、金沢の寿司屋では新鮮なのどぐろが定番の寿司ネタの一つとなています。もりもり寿司でも新鮮なのどぐろを提供しており、のどぐろの三点盛では普通の刺身だけでは無くあぶりと漬けの3種類の味わいを楽しめます。また、北陸えび三点盛は北陸で獲れた生甘エビ、がすえび、富山産の白エビの3種類の盛り合わせで、金沢や穂栗以外ではなかなかいただくことのできないメニューです。このふたつのメニューを食べるためにわざわざ足を運ぶだけの価値があります。

金沢でおすすめの海鮮料理店②山さん寿司

山さん寿司は金沢市民の台所として長年親しまれてきた近江町市場にある寿司店で、海鮮丼が人気のお店です。山さん寿司で人気の海鮮丼はできるだけ地元の物を使っており、ネタは地物や近海ものを18種類使いお米は能登半島産のコシヒカリとのとひかりのブレンド、醤油と酢も地元石川県で生産された物を使って提供されています。また、海鮮丼以外にも新鮮な海産物を使った丼ぶりや握りずしなどもいただけます。

金沢でおすすめの海鮮料理店③田村

田村は金沢市内にある海鮮料理がおいしい居酒屋です。かに寿司やかにの甲羅焼、かにしゃぶしゃぶを中心に新鮮な海産物を使った料理を提供しています。単品のメニューもありますが、季節に合わせてメニューが変わる新鮮な海産物を使ったコースも人気があります。北陸のおいしい海産物のみならず北陸のおいしいお酒を楽しみたいような人に田村はおすすめです。

金沢でおすすめの海鮮料理店④井ノ弥

井ノ弥は金沢市民の台所近江町市場にあるお店で、海鮮丼と揚げたてのおいしい天ぷらを楽しめます。常時40種類以上の丼ぶりを販売しており、観光者向けの豪華なものから地元の人が気軽に食べられるような1000円以下のお得な丼ぶりもメニューにあります。また、丼ぶり以外にも一品料理などが用意されており、新鮮な海産物を使ったちらし寿司やカレー、揚げ物などの料理もいただけます。お昼時は多くの人でにぎわい、行列ができるほどの盛況ぶりです。混雑する時間を避けたいのであればお店がオープン直後あたりがおすすめです。

金沢でおすすめの海鮮料理店⑤いきいき亭

いきいき亭も金沢市民の台所である近江町市場にあるお店で、新鮮な海産物を使った海鮮丼と握りずしがいただけます。いきいき亭も人気海鮮料理店で、お昼になると観光客や地元のひとでにぎわいます。そのためお昼時は並ぶことがほとんどで、そういった時は予約表に必要事項を記入することによって順番が回ってきたときに電話で知らせてくれます。さまざまなメニューがいきいき亭にはありますが、その中でも人気があるのはいきいき亭丼で、14種類のネタが載った丼ぶりと味噌汁がセットになって2000円でいただけます。

金沢でおいしい海鮮料理をいただこう

北陸地域の中心地として江戸時代から栄えてきた金沢ですが、北海道新幹線の開業によって東京からのアクセスが格段に良くなりました。今後大阪方面に北陸新幹線は延伸される計画があり、大阪方面からのアクセスが格段に良くなっていくことが考えられます。金沢は加賀野菜をはじめとした北陸で獲れた食材が集まり、おいしい料理がいただけるお店が多くあります。おいしい海鮮料理が食べられるお店も今回紹介したお店以外にも多くあります。金沢に行ったらぜひそういったお店でおいしい料理をいただいましょう。

着物が似合う街「金沢」豪華な金箔スイーツも味わえます!

江戸時代の雰囲気をそのまま残す歴史の街「金沢」は、着物が良く似合うアンティークな街です。
普段の生活の中では、なかなか日本の歴史文化に触れる機会はありませんが、ここ金沢に来れば日本のディープな歴史文化や食文化を感じる事ができます。
特にお茶屋文化は、日本人でもなかなか普通の生活では接する機会が無いのではないでしょうか?
そんな日本のディープな文化を感じられる人気スポットやグルメスポットをまとめてみましたので、ぜひご覧下さい。

まるで江戸時代のような街並みが残る「ひがし茶屋町」

金沢には風情のある茶屋町が3つありますが、その中でもこの「ひがし茶屋街」は一番規模が大きく、外国人観光客も多く、特に有名な茶屋町になっています。
今でもキムスコ(木虫籠)と呼ばれる美しい出格子がある街並みが残っておいり、まるで江戸時代の雰囲気そのものの古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されています。
そんなアンティークな街並みの中に、伝統工芸品・雑貨・カフェ・和菓子店などのお洒落なお店が並び、素敵なショッピングを楽しむことができます。
懐華樓は金沢で一番大きなお茶屋さんで、夜は一見さんお断りですが、昼はお茶屋内を一般公開しています。
また1階がカフェになっており、くずきりや抹茶を味わう事ができます。
金沢は金箔の街なので、金沢らしい金箔の入った豪華なスイーツもありますよ。
着物レンタルのお店が沢山あるので、お洒落な着物や浴衣を着て街を散歩する事ができます。
アンティークな街並みの中で、着物を着たフォトジェニックな写真を撮るのも良い思い出になりますね。

落とし穴や隠し階段が沢山!別名「忍者寺」と呼ばれる妙立寺

金沢観光の定番スポット妙立寺は、別名「忍者寺」と呼ばれ、「一度入ったら二度と出られない」と言われるほど、色々な仕掛けが施されています。
例えば落とし穴になる賽銭箱・床板をまくると現れる隠し階段・金沢城への抜け道になっていたと言われている井戸などの仕掛けが、お寺のあちこちあります。
一見すると2階建てなのですが、実は内部は4階建ての7層になっています。
お寺の中は複雑な階層になっていて、中2階や中々2階があり、部屋数は23部屋、階段数は29もあります。
なぜこんなにあらゆる所に仕掛けがあるお寺ができたのかと言うと、このお寺の創建当時、加賀藩は百万石の禄高を誇る外様大名として徳川幕府から常に監視下に置かれ、相当の緊張状態にあり、襲撃される可能性もありました。
そのため、いざという時の対策として、このような複雑な造りのお寺が建てられたそうです。
妙立寺は事前予約制になっていて、内部をガイドさんが案内してくれます。
拝観料は大人(中学生以上)が1,000円、小学生は700円になります。

金沢に来たらぜひ食べてほしい!箔一の金箔ソフトクリーム

実は金沢は金箔が有名な場所です。
それなので様々な金箔スイーツがあり、中でも金箔ソフトクリームは有名で、扱うお店も数件あります。
そんないくつかある金箔ソフトクリームのお店の中でも特に有名なのが、箔一の「金箔のかがやきソフトクリーム」です。
「金箔のかがやきソフトクリーム」が生まれたのは北陸新幹線開業の3日前、金沢を訪れる沢山の観光客に驚きと笑顔を届けたい、という思いで誕生しました。
金粉を振った金箔ソフトクリームは既にありましたが、一枚を大胆に乗せるソフトクリームは他にありませんでした。
北陸新幹線開通記念の限定1,000個だけ販売しようという企画で始めた金箔ソフトクリームでしたが、新幹線開通の日に全国放送3局に取り上げられ爆発的な人気となり、今では金沢を代表するご当地グルメになりました。
気になるお値段ですが、社名をゴロ合わせした「金箔の891円(ハクイチ)」という、ちょっと高いですが何ともお茶目な値段設定になっています。

日本のディープな歴史と文化を体験したければ、ぜひ金沢へ

いかがだったでしょうか?
忍者寺にお茶屋文化の街、金箔ソフトクリームと、金沢には面白いスポットが沢山ありますね。
ちなみに金箔スイーツは他にも、金箔を乗せた「黄金ぜんざい」・動物の形をした可愛い「金のかすてら」・お団子やわらび餅が乗った「金箔抹茶和ふぇ」など、豪華なスイーツが沢山あります。
茶屋町もメジャーな「ひがし茶屋町」以外にも「にし茶屋街」と「主計町茶屋街」があり、こちらも古い情緒ある街並みが残っています。
恋人とのロマンティックなデートに、友達との楽しい旅行に、日本の文化を深く知ってみたいと思った時に、アンティークな雰囲気の写真を撮ってみたいと思った時に等、古い歴史文化の残る金沢の街を訪れてみてはいかがでしょうか?

金沢の穴場・ドライブスポット&グルメスポットのTOP3

金沢といえば、金沢21世紀美術館・金沢城などの観光スポットが有名です。
しかし、金沢の魅力はそれだけではありません。
もっと、金沢を深く楽しむために、ここでは金沢の穴場スポットのほか、ドライブスポット・グルメスポットなどを詳しくご紹介します。

さらに金沢の魅力が知りたい!という方は、お探しの情報がここで見つかるはずです。
是非、参考にしてみてください。

金沢のおすすめ穴場スポットTOP3

・尾山神社
加賀藩祖の前田利家公と正室であるお松の方を祀っている神社で、美しい庭園や国指定重要文化財に指定されている金沢市のシンボルでもある「神門」などが有名です。
国指定重要文化財に指定されている刀剣や、金沢市指定文化財に指定されている能面なども見ることが可能です。

・金沢城公園・玉泉院丸庭園

金沢城公園と、その周辺エリアは「緑の心臓」と呼ばれており、現在は548種類もの植物が植えられており、四季折々の植物を楽しむことができます。
なお、玉泉院丸庭園は、美しい池と石垣によってつくられた庭園の散歩ができ、都会の喧騒から離れてゆっくり庭散策できるのが魅力の一つ。
さらに、毎週金曜日・土曜日の夜には園内が開館しており、金沢城公園・玉泉院丸庭園では、ライトアップがなされ、演出も多種多様で、様々なライトアップを楽しむことができます。
デートスポットとしてもおすすめです。

・寺町鐘声園
寺町鐘声園の周辺には、たくさんの寺町寺院が存在していますが、寺町寺院は、「休憩施設」として知られています。
ただの休憩施設ではなく、美しい庭園があり、四季折々の風景を楽しむことができます。
寺町寺院を見て回って疲れたら、寺町鐘声園で、ホッと一息ついてみてはいかがでしょうか。

金沢のおすすめドライブスポットTOP3

・千里浜なぎさドライブウェイ
日本で唯一、波打ち際を自動車で走ることができます。
特別な仕様車ではなく、普通車で砂浜の上を走ることができますので、まるで映画やドラマの主人公になったような気持ちでドライブできます。
カップルでのドライブスポットとしてもおすすめです。

・白米千枚田(しろよねせんまいだ)
日本の素晴らしい棚田が広がる風景を楽しむことができるドライブスポットです。
白米千枚田の風景は、「能登の里山里海」の風景として世界農業遺産に認定されただけでなく、国指定文化財名勝や日本の棚田百選にも指定されています。
四季折々で、その風景も変わり季節ごとに訪れたくなるドライブスポット。

・卯辰山公園
8,000本のツツジなどが植えられた花木園、350ほんの桜が植えられている「四百年の森」などの見どころ満載の公園です。
また、卯辰山からは金沢の市街地を一望することができます。

金沢のおすすめグルメスポットTOP3

・近江町市場
「金沢市民の台所」として知られる市場で、既に300年もの歴史があります。
数々の鮮魚店・青果店・精肉店・飲食料品店・飲食店などが立ち並んでおり、見て回るだけでも面白い市場です。
市場でしか手に入らない商品などもあり、飲食店も多いので食べ歩きなども楽しめるのでグルメな人には堪らないスポット。

・ターバンカレー本店
50年以上続く「金沢カレー」の代表的な老舗のひとつとして知られています。
濃厚なルーと、付け合わせの千切りキャベツが特徴的でスプーンではなく、フォークで食べるのも面白いポイント。
カレー好きや、B級グルメ好きは1度は訪れたい老舗のカレー店です。

・もりもり寿し近江町店
もりもり寿し近江町店 は、近江町市場にあることから、鮮度の良い鮮魚をいただくことができます。
回転寿司でありながらも、カウンターを選べば職人さんたちがお寿司を握る姿が見られますので、本格的な回転寿司を楽しむことができます。
カウンターだけでなく、テーブル席もありますので、お子様連れも安心でしょう。

金沢スポットのまとめ

金沢は、歴史的な建造物・神社などの他に、日本ならではの美しい庭園を楽しめる場所がたくさん存在しています。
建物だけではなく、千里浜なぎさドライブウェイや白米千枚田など、金沢でしか見られない美しいスポットにも恵まれている地域と言えるでしょう。
美しい建物、美しい風景だけではなく、金沢には、たくさんのグルメスポットが存在しています。
金沢の素晴らしい風景や、建物を見て回った後は、カレーや市場などで美味しいご飯を食べて、金沢を満喫してみてはいかがでしょうか。